レチノール美容液のアンチエイジング効果〜シワの改善と副作用

レチノール美容液のアンチエイジング効果〜シワの改善と副作用

レチノールはビタミンAの一種で、私たちの体内のもともと存在しています。

 

レチノールは免疫力を高めたり、コラーゲンの生成を促すなどの働きがあります。

 

 

レチノールは肌から取り入れることによって、コラーゲンを増殖させるためアンチエイジング化粧品として大変効果的です。

 

 

ただ、レチノールは酸化しやすいため化粧品として取り入れるのは、難しいとされています。

 

 

このレチノールを効果的に取り入れたアンチエイジング化粧品が、ビーグレンのエイジングケアトライアルセットです。

 

 

 

 

価格:6422円⇒1800円

 

内容:クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20mL)、Cセラム(5mL)、QuSomeレチノA(5g)、 QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

レチノールのシワへの効果とは

レチノールは、コラーゲンの生成を促すと同時に、肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあります。

 

 

私たちの肌は、老化によってターンオーバーが乱れてきます。

 

その結果、肌の表面に古い細胞が残ってしまいます。

 

 

新しく生まれた細胞が肌表面に出られないため、肌のくすみやシワ、シミの原因になってしまうのです。

 

レチノールの働きで、ターンオーバーを正常化することによって、古い角質は剥がれおちて新しい細胞が肌の表面に現れます。

 

 

その結果、肌には透明感とツヤ、ハリが生まれてきます。

 

 

ビーグレンのエイジングケアトライアルセットは、レチノールとレチノイン酸の働きで、肌を若返らせることができるのです。

 

 

レチノールは肌表面の老化の対処するアンチエイジング成分です。

 

 

また、レチノイン酸は肌のもっと奥の老化に対処します。

 

 

このように、違う働きをする成分を1つにまとめることによって、若い頃のハリと透明感のある肌を取り戻します。

 

 

 

 

 

乾燥によってできた浅いシワには、レチノール。

 

肌全体がしぼんできたことによる、ほうれい線や眉間のシワはレチノイン酸が効果的ということです。

 

 

ビーグレンは、両方から肌の老化にアプローチできるので、シワやたるみに即効性があるのです。